古いお金は古銭買取へもっていこう

硬貨には、発行年度によって価値が異なるものがあります。発行数が少なければ、値段が硬貨の価値を上回っても欲しいというコレクターが出てくるからです。けれど、現在流通中の硬貨から価値のある物を見つけるには、古銭を手に入れたらこまめに見ていくしかありません。一方、高齢の家族が亡くなった際に、遺品整理をして来たら古いお金がたくさん出てきたという話はよく耳にします。ほとんどの人は新しいお金に切り替わる際に換金をしているはずですが、何らかの理由で残しておいたのでしょう。ただ、残された家族からすれば時の経過もあり、さらに価値は失われています。けれど、古銭買取をしている古銭商に持ち込めば、もしかすると思ってもみなかった金額を提示される可能性があります。故人が価値があるとして残しておいたものだったらなおさらなので、いらないと処分してしまう前に価値がなくてもともとという気持ちで、古銭買取の古銭商を訪れるといいでしょう。

▲ ページの上部へ